ニキビの原因はストレスと乾燥

ニキビで悩んでいる方も多いと思いますが、一体何が原因でニキビって出来るのでしょう。

まず上げられるのはストレスです。ストレスはストレスホルモンと男性ホルモンを分泌します。

この二つは皮脂の分泌を促す作用があり、ニキビが出来やすくなってしまします。

他にも意外に知られていないのは、肌の乾燥です。

乾燥肌は水分が保持しにくく、水分の蒸発を防ごうと皮脂の分泌が過剰になったり、角質が厚くなることで毛穴を詰まらせニキビの原因となり、紫外線の影響も受けやすくなります。

他にも睡眠不足や便秘に偏った食生活などが原因でニキビが治りにくくなってしまいます。

ニキビを治す上で、間違ったお手入れを続けてしまうとニキビを悪化させてしまいます。

まず、スクラブ入りの洗顔や脱脂力の強い洗顔を使用してしまいがちですが、肌の水分と適度な皮脂を取り去ってしまい余計にニキビを悪化させてしまいます。

他にも一日何回も洗顔を繰り返したり、ピーリングや剥がすタイプのパックを過度に使用すると肌を傷つけてしまい、乾燥の原因となります。

乾燥肌ニキビには要注意です。

こういうことが起こらないように、化粧水で保湿することがとても大切と言えます。
化粧水でニキビを治すことが可能なので、ニキビ化粧水などをうまく利用してニキビのない肌づくりをしていく必要があります。

後、良くやってしまいがちですが、白ニキビを治る前に潰してしまったり、雑菌の繁殖を促してしまう恐れがあるので、絶対に潰さず治るのを待ち正しいお手入れを心がけましょう。

これでもうニキビとさよならですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です